voldenuit12’s diary

平和、社会情勢、趣味、アート、音楽、映画、読書のことなどつらつら書いていきたいな

歩いても歩いても

cameria1973の日記
cameria1973の日記
考えることが趣味の人。平和、お洒落、文化、社会情勢、趣味などをつらつらと書いていきたいな
2020-09-29
歩いても、歩いても
編集

タイトル、歩いても、歩いても。是枝監督の映画のタイトルなんです。始め、この映画を観たとき何を言いたいのか良く分からなかったんです。一つの家族の一風景。でも、この映画のお母さんが是枝監督の母親をモデルにしてると聞いて、もう一回観たんです。そうすると、その母親の意地悪さと、是枝監督の葛藤(?)、家族の風景の一つの中に、

生きる

ということが繋がったんです。いろんなことがある。でも、色んな家族を持ち、色んな気持ちを抱き、色んな葛藤し、命を紡いでいく。何が言いたいのか?じゃなく、ただ、そういう風景の生活の一つ。それに対して何を感じるのか?こちらの感受性を試される映画です。

歩いても、歩いても。

辛いね。辛いことが多いね。歩いても歩いても、ゴールが見えずに、もう、歩きたくないって叫んでいても、誰も助けてくれない。最近は芸能界の自殺が多いですね。芸能界なんて、華やかで美貌、名声に恵まれ、誰もが羨む世界の中は本当は魑魅魍魎の世界。足の引っ張りあいに、権謀術数、嫉妬に狂った人間が虎視眈々と引き落とそうとする地獄の世界。弱味なんて見せられない。誰にも辛いことを言えず、幸せを演じて死んでいくのかな?正直、芸能界で生き残ろうとしたら、愛情に飢えた、破綻するほどの感性が必要。愛情に恵まれた人間の作るクリエイティブなんてマトモで面白くない。破綻してるからこそ、魅力が宿り、人とは違う味を出せる。破綻している人は駆け引きが上手いし、どこでどう引けばいいかとか計算が優れているから、人を引き付けるのが上手い。必死で生きて、身につけた処世術を駆使して、愛情に飢えた心を満たそうとするから、クリエイティブな世界で素晴らしい物を作ろうとする。私はチャップリンが好き。チャップリンの映画は音声がないけど、しぐさ一つ一つで人の心を引き付ける。チャップリンは歌手の父と母親の間に生まれて裕福な子供時代を送っていたけど、両親はすぐ離婚。母親は声がでなくなり、貧乏のどん底に。孤児院に入れられたり、母親が気が狂ったりして、ほとんど愛情を受けられなかった。愛情に飢えたチャップリン演技性人格障害。だから、人の心をうつの表現が上手い。偉大なスター見てたらほとんどが愛情に苦しみ、のたうち回り、芸の肥やしにしている。

歩いても、歩いても

苦しいね。生きるって辛いね。苦しみを昇華して、素晴らしい作品を作り上げていくのか、愛情に恵まれ、平々凡々な何もない普通の人になるのか?少なくてもクリエイティブな世界に生きたかったら、苦しみのたうち回る以外方法はない。愛情に恵まれた人の芸ってつまんないでしょう?私はクリエイティブな世界に入りたいって思う。才能がないけど、でも、芸術の世界で浸りたいって思う。芸術を知ると面白くてたまらない。文学の世界でもかまわない。私はさほど感受性優れてないけど、素晴らしい作品に触れた時は天界に行ける。少しでも、芸術の世界に浸りたい。芸術は麻薬でもあるんだけど、芸術ほど面白いものもない。芸術って難しく言うけど、簡単に言えば自己表現。自分が精一杯生きて、その苦しみ、悲しみ、楽しさを表現できた時は天界にいくでしょう?私は文字を打つのが芸術。何を考え、何をし、何を訴えるのか?常に自分を磨かなきゃ、惰性に流された文字は一瞬で人に見抜かれる。表面的な言葉はどこまで行っても表面的。人の心を打たない。自分が苦しんで、苦しんで、のたうち回った分しか力にならない。私は表面的な言葉を探すのが上手いですよ。一瞬で分かる。だから、私ものんびり生きていたら、人に見抜かれる。自分を常に磨いて、心を磨いて、いい芸術に触れなきゃ、いいものなんて書けない。


私の大切な本。小作品ばかりだけど、本は私の命。随分と売ったけど、売れない本はこれらかな。大切なことがかいてある。

歩いても、歩いてもを観て、是枝監督って恵まれた人じゃないって思ったんです。母親の汚い部分を見ながら葛藤し、そんな家族の中で生きていく。子供の頃は子供らしくないって教師に言われたらしく笑った。是枝監督にほんの少し会えたけど、穏やかで感受性に優れて、洞察力に秀でた人。色んな物を見ているから、あの優しさと穏やかさの権化みたいな人が映画の中では辛辣な台詞がバンバン飛ぶ。時々、

是枝監督、汚い世界見すぎてるな。

って思ってしまう。でも、その汚い人間界の中でも本当の愛情や家族を見いだしていく。綺麗事じゃない、汚い人間界の中の本当の愛情。技術もすごいけど、人間性が凄いじゃない。私は是枝監督や北野武監督の映画が大好き。ついでに河瀨直美監督の映画も好き。是枝監督は家族、北野武監督は真実の愛情、河瀨直美監督は生命の神秘。みんな究極をついているから、カンヌ、ベネチアの常連。河瀨直美監督も父親がいなかったし、たけしさんの家は父親が大荒れ。でも、その苦しみを全て糧にしたからこそ、世界に誇る作品を作ったんだと思う。一概に家庭環境が悪いって嘆いて、諦めるのはもったいなさ過ぎる。それだけ、偉大な可能性が秘められているんだから。家庭不和に悩み苦しみ、死さえ考えた生きる苦しみを全て芸術に打ち込めばいいんだ。苦しくて辛くて、泣きたくても涙すら出なくて感覚が麻痺すらする。でも、辛い人生を歩いていくの。

一つ一つ。一歩一歩。

愛情不足に苦しむからこそ、それに負けずに打ち勝つんだ。

勇気だけ、失わなければ必ず勝てる。この苦しみに満ちた人生に打ち勝つ勇気と信念さえ失わなければ、必ず勝てるんだから。言うのは簡単。生きてて、何でこんな辛い人生を生きなきゃならないんだろう?って思うことばかり。でも、それでも、歯をくいしばってわずかに残った勇気を握って、戦うしかない。

「高邁な心」とはわれわれ自信の内なる価値、すなわち強く気高き精神によって立つことである。「高邁な心」の人は自身が最善とする全てを実現せんとの確固不変の決意に立っており、その意思をどのような場合も決して捨てない。そして、その特性として「欲望」や「執着」、または「羨み」「憎しみ」「怒り」「恐れ」といった感情に決して動かされない。

一方「高慢な心」とは、自分の内面の価値以外の「才能」とか、「美」とか「富」「名誉」といったもので自らを高しとする卑しい感情である。「高慢な心」に陥ってしまったものは他の人々を卑しめることに躍起になる。また、自分の「欲望」の奴隷となって絶えず、「憎しみ」「羨み」「執着」「怒り」によって書き立てられていると。

高慢な人の特性として指摘している点は、人間が誰しもが陥りやすい人生の道である。自己の信念の道を退き、転向した者の多くの姿もこの傾向性によっているようである。臆病になって、出世や名誉、世間体に、よって自分の信念を揺るがせにする弱い生き方は人間としての、真実の満足という勝利の栄冠が輝くことはないだろう。」

池田大作 私の人間学

真実に生きること。真実なんて何一つわからないけど、大切なものを心から奪われないように、世間体に揺るがせられるような信念じゃなく、自分が真実だって思うことを信じて生きていくしかない。私はクリエイティブな世界に入りたいって思ったの。素人だけど、素人なりに面白い。だから、超一流のクリエイティブな世界に学んで一流を分かりたい。

クリエイティブこそ、芸術こそが平和への道だから。平和のことを考えて右往左往。でも、自己実現をできて、芸術学ぶなかで人は天界に登る。平和のことは次として、生まれ、環境に苦しめられて、泣きながら生きてきた私だけど、それに打ち勝てば私は勝利者なんだ。環境が悪いんじゃない。環境に負ける自分が悪いんだ。環境に負けないだけ強い自分になればいい。

戦うこと。

俗世間にまみれないこと。

人は何だっていう。言いたい放題いってくる。

でも、自分の信念を曲げずに生きていくのか?

世間体なのか?信念なのか?

私が欲しいのは勇気。この苦しみに満ちた世界を戦っていける勇気が欲しい。

「大切なものは目ではみれないよ。心で見ないとね」

星の王子様 サンテクジュペリ

歩いても、歩いても道は続いていく。涙を拭きながら、歩いていこう。

使命と女性の教育


https://youtu.be/-Bnbzb8rYuA

女性の教育についてどう思いますか?私は高卒だけど、将来、もし、余裕ができたなら、大学に行って勉強したいと思います。大学じゃなくてもいい、海外で英語で生活したい。英会話を勉強しようと一年前に教材を買ってチョコチョコと勉強するつもりでした。


でも、なかなか難しい…昔は簡単に解けた問題がもう忘却の彼方に飛んでhave beenの使い方も忘れたくらい。なんせ、25年前の話だもん。忘れて当然。日本にいると息苦しさを感じるときがあるんです。

同調圧力

みんなと同じようにしろ。空気読め。読まないやつは変り者として、排除される。オーストラリアで生活していた時はのびのび生活できたのに、日本では「キャラキツいわ~」なんて言われる。女性の意見のないと言うか知識の圧倒的な少なさ。政治、人権、芸術、文学から考察する人生観、歴史認識、すべてが軽くて話にならない。男性もまた、そういう女性を好む。化粧して、肌露出して、

「やだーうける!」

って言ってればいいんですよ。一人の人間として見てもらえない。私たちだって、意見を持った一人の人間なのに少しでも知識があると疎んじられる。でも、海外、欧米以外では、極端に女性の人権が侵害されている。ナイジェリア、ソマリア発展途上国の多くでは、いまだに女性の人権すら、認められず、一人の女の子が一万円で売られていく。私たちの生活費の僅かな金額で身を売られ、性産業や肉体労働に酷使される。親の借金返済のために11歳で結婚させられ、奴隷同然として働かされ、無理やり性的行為を強要され、奴隷のように女性に暴力を働いていく。寝てる顔にションベンかけられたり、女性は心身ボロボロになって、40歳で寿命を全うしていくという。

女性が自立できるために教育が必要ではないのですか?教育がないがために性産業や肉体労働に従事させられ、心身ボロボロにされ、不幸の中にはまりこんで死んでいく。プランインターナショナルでは、そういった女性のために教育や、事業の教え方、自立といった手助けをし、女性が希望を持って生きていけるようにしています。私もわずかながら、少しだけ、寄付したりしています。

もし、1000円出したりするのも勿体ないなというなら、森永製菓の「DARS」を是非お買い上げを!


チョコレート一つあたり、1円の寄付がカカオ生産国にされます。約10年間で2億2566万8644円の寄付ができたそうです。たった一円でもバカにならないし、私たちの賢い選択が一人の人間の手助けになるなら、是非利益優先よりも、慈善事業をしてくれる会社を選んでほしい。私はチョコレート大好きなので、DARSがある時はDARSを買って少しでもカカオ生産国の子供たちの教育に手を差し伸べたい。他人事じゃないんですよ。私は体が弱いから普通に生活できない。普通に働けない。教育をちゃんと受けていたら、そして、事業のことを学んでいたら、自立できる可能性だってあるわけでしょう?私もたくさん、ビジネス本を買おうとしたけど、何が何か分からないんですよ。でも、少しでも自立できたなら、たくさんの子供たちに寄付できる。勉強できない苦しみ、心に傷を抱え生きていく苦しさ、貧困の中で生活する苦しさ。私だって、美しいものに憧れる。時々可愛い腕時計を見て値段見て落ち込んで…最近はそういうことはほとんどないけど、英会話学校に行きたいとか、大学行きたいとか、自分で事業始めたいとか向学心の方が上回って物欲で泣くようなことはないけど、本がね…北野武さんの本すら買えない。最近は望月衣塑子さんの本二冊買って、吉田ルイ子さんの「ハーレムの熱い日々」を買ったとこかな。まだ、ジャン・クリストフを読んでる最中だし、体調が読書どころじゃないから、魯迅も買ったまま。寝てる暇があれば本を読みたい。音楽聴いて口の痛みを紛らわしたり、祈ったり。昨日に比べたら全然楽になりました。恵まれない子供たちは勉強したくてもできず、肉体労働や、性産業に売られていく。もし、教育さえあれば自分で稼いで自立して、豊かな生活が送れるのに。幼い子供たちが涙をためて、「お母さんのために」って一生懸命働いている。私たちはその悲劇を見てるだけ?私も口だけで募金以外なにもできない。どうしたらいいのか全然分からない。せめて、自分が選ぶお菓子が恵まれない子ども達のためになるなら、すこしでも協力したい。企業はもちろん利益重視。でも、恵まれない子どもたちの為に何かして欲しいと思うのは私だけですか?日本国内でも貧困が広がり、子どもたちが食べるに食べれないと言う。コンビニいけば大量の食品が廃棄されているにも関わらず。日本の奨学金も正直借金。奨学金借りたら、30万の利子がついてくるんだって。それなのに、政府は学生に冷たい。自助と言って、自分で何とかしろ。これから、少子化が深刻になるのに、日本は人材しか資本がないんですよ?どうして、まともに教育を受けさせようとしない?何故このおかしな教育方針を転換しようとしない?皆さん、社会は悲劇で溢れてる。うちにこもって小さい世界に安住しないで、私たち一人一人ができること考えていきませんか?今の教育を受けていない私には何の知恵もない。だから、せいぜい僅かな募金するのが精一杯。これだけ、ネットが世界に普及したんですから、一人一人が知恵を出しあって、少しでも悲惨を失くしていきたい。

学校で勉強したいんだ。

本が欲しいんだ。

映画たくさん観て、美術館に行って、心を豊かにして、そして、人のために生きたいんだ。

何のために生きているんだろう。こんな浮き世で人間関係、家庭不和、貧困、病気で苦しんで、楽しいことが少ないかもしれない。でも、もし、自分が人の役にたつ使命があれな生きていこうと思いませんか?生きる力が漲りませんか?

人にはそれぞれ使命がある。

毎日下らない、辛いことばかりの人生を歩むだけではなく、人の役にたつ使命があるからこそ、苦しんで苦しんで人の痛みや気持ちが分かり、人の心を癒して勇気を与える存在へとなるんじゃないでしょうか?

ただ、生かされているわけじゃない。

私たちには人の役に立つ使命があるんだ。

私は一応文才だけは認められてきた。全国紙に読書感想文載ったり、「高校で凄い論文書く奴おるぞ」と私の論文が読み上げられたり。私に使命があるのであれば文才で役に立つ使命があるかもしれない。だから、神様がさまざまな苦難を与え、人の気持ちが分かるようにしていると言う。

苦労は買ってでもしろ。そして、その苦労を生かし、人の役に立つ自分に成長して、使命を果たすんだよ。様々な分野で。

と思う私です。

本物


https://youtu.be/TO2c06p6m5w

音楽を聴いていると口の痛みが少し消える。もう、痛くて、映画や本どころじゃないんです。ただ、薬を大量に飲んで寝て、痛みを我慢して生きているだけ。生きることがこんなに辛いとわ。情けないことに頭に自殺がよぎったのも事実です。治す手立てがなくて、薬の副作用、日常のストレスで症状がどんどん酷くなって、風呂に入るのさえ、痛みで泣きながら入る始末。

痛いよ、痛いよ、誰か助けてよ

寝転びながら心の中で叫んでみても、当たり前の話、誰も助けてはくれない。病院も冷たいもので薬すら送ってくれない。通院するのすら辛いのに、診察に来て下さいとのこと。長いこと待たされても特別な治療法も見つからず、僅かな薬を処方してくれるだけ。入院もジストニアの責任取りたくないと拒否される始末。一番最終的にボトックス注射があるけど、一回、10万。それも効き目が3ヶ月。それを3回程度打つとマシにはなるそう。30万…無理だよ、そんなお金がない。痛みで苦しみながら、必死で心の中で祈る日々。頓服でもらってる薬を少し大目に飲んで、前向きに考えていたら今日はマシにはなったんだけど。先週一週間辛かった。死にたい、死にたいって思い続けてた。死ぬ病気なら別に後悔ないけど、死ぬほど痛くても死に至らない病気。何割の人は自殺選ぶんじゃないかな?だって、抜本的な治療法がないんだもん。痛みに苦しみながら音楽を聴くと、少し、痛みがひくの。最近は名盤をニューリリースした米津玄師さんのアルバムばかり聴いていいたけど、今日、アップした彼女NEXTGagaと言われているらしい。PVは変なんだけど、音楽が新しいなぁって。一回皆さんに聴いて欲しくてアップしました。正直、しばらくの間はブログは控えるつもりでした。ネタを考えたり、情報をインプットしてる場合なんかじゃない。苦しみのたうち回って、心の中で誰か助けてって叫んでみても誰にも聴こえなくて。

紫式部の「源氏物語」読んだことありますか?私は一応瀬戸内寂聴さんの訳の「源氏物語」を読んで、見事にセクハラの物語だなと圧倒されました。一番初めの「うつ蝉」なんか強姦じゃないですか?容姿、地位、財産、すべてに恵まれた光源氏が次々と深遠の美女やら、人妻やら、美女を次々と床を一つにしていくんだけど、私の例えが山奥の深くにいる教養豊かな美しい姫がいると聞いて、その落ちぶれた貴族の姫を襲うけど、明るいところで見ると鼻が赤く、醜い、胴が長い残念な姫で光源氏が幻滅して、少しの財産を送ってあげるんだけど、それだって(笑)誰だ、私みたいなじゃじゃ馬を「姫」だなんて思い込んだ人(笑)始めはさすがに傷ついたけど、過剰評価が一番嫌いなの。しんどい。私は誰よりもおっちょこちょいだし、どんくさいし、不器用だし、派遣の仕事の時はいつも、見た目で

「今日は仕事が出来る子が来てくれた!」

って喜ぶの。毎回。手作業早いし、外見が運動音痴でも水泳のリレーに選ばれそうになるくらい、何でも出来そうに見えたらしい…(今は違います)仕事をさせると、あーあーあーあーで。期待が失望に変わっていく姿がいつも嫌だった。始めからどんくさそうな子だったら、期待なんてされないのに。今までのネット上の評判が私を押し潰していたのも事実。期待されてる。期待に応えなきゃって。でも、自分でいたいし、自分を見失っていた。私はじゃじゃ馬。キレたら相手構わず喧嘩するし、徹底して追い詰める。口では負けない自信があった。末っ子だから、そういうの我慢するの癖。けど、キレたらバシバシに言って相手の欠点を暴き回すのがうまい。私は多分にそういう才能あるの。最低なんだけど、でも、それ、私。いい人演じたくない。しんどいだけじゃない。辛いだけじゃない。平井堅さんの歌で「どうしてそこまで偽るの~」みたいな歌があった。自分を偽ってでもいい人演じて、好かれて楽しいですか?私はそんな苦しい生き方大嫌いだし、そんな生き方したくない。私は私。「キャラ、キツいわー」なんて言われるけど、自分ではマトモなつもりでいるから痛い。でもね、自分に嘘つきたくない。嫌われたくないけど、偽って好かれたくない。私は私。

「君自身であれ!そうすれば世界は豊かで美しい!」

いいじゃない、人は人。自分は自分。歳を取ると本当の友だちなんてできなくなる。打算、利害関係や、表面面で友情ごっこする。みんな表面的。強いとき、調子いいときみんな依って来るのに、少しでも弱さを見せたり、力を失くすと、蜘蛛の子が散るように逃げていく。みんな調子いいの。強いときだけ依ってくる。私が真実の友情を知らないだけかも知らないけど、幼い頃から「親友よね~」なんていいながら、私が家出したら、今彼氏といるから、邪魔とか…あんまり、悪口言っちゃうと性格悪くなるから、言わないけど、彼女評判が悪かった。色々な事情で彼女の人を利用する、人の不幸を喜ぶのを見て、これは質の悪い人間と付き合ってるとおかしくなるなと縁切ったり、信用してた子に「弱いアッコちゃんなんか見たくない!」て言われたり…噂と悪口に終始する話題の友だちにうんざりして、ブチブチ縁切ってきた。一人の友だちは本当の友だちだったけど、私の心ない一言で怒らしたり…もう、ここまで歳を取ると利害関係でしか友情なんて築けない。みんな、表面的。友だちが足をくじいて、その子の面倒見るために救急車乗ってついてあげたら、それを聞いた友達が「最低やったな」って。救急車で運ばれる子を置いていけって思うんだろうか?なんか、そういうの見てきたから、人間の中で生きたいって思うけど、人間が信じられなくて。みんな汚い人間ばかり。いい人演じていざと言うとき逃げる人間ばかり。苦しくても辛くても、離れずに面倒見てくれるような人間なんて少ない、少ない。人間なんて妖怪。人が苦しむのを喜んで手を叩いて大喜び。人の不幸は蜜の味、楽しいよね、人が地に落ちて、落ちぶれいく姿を見るのが面白くて仕方ない。

強くなれ!

負けるな!

そう、言い聞かせて、自分が本物になればいいって。人は揚げ足取って笑って、バカを楽しむ。面白くて仕方ないのよ。

立ち上がるんだよ。

ジーナ・ディビスの映画「ロングキッス グッドナイト」に自分の子供が転けて泣いていると

「立ちなさい、戦いなさい」

と。人生辛いことばかり。でも、戦わなきゃ本物になれないんだよ。苦しんで苦しんで本物になる。

『「努力と精進なき人は弱々しき愚痴の人となり、惨めな敗者とならざる終えない。人は石に一滴一滴と食い込む水ののろい静かな力を持たねばなりません」

一滴一滴、対象に食い込んでいく努力。これがあらゆる道において不朽のものを成すための鉄則といえる。1日1日、一刻一刻の確実にして営々たる努力。また、努力。その集積の上に樹立された成功でなければ、本物ではない。虚像の栄誉と言わざる終えない。「常に初心に戻り、もっと努力しよう」、「もっと成長しよう」、「もっといい作品を残そう」という奮発心を持てる人が絶えず向上していけるのだろう。

「苦しみ抜くより、上達の道はない」

白秋にはこの明確な哲学があった。また、あくなき、向上への奮発心があった。ここに彼の非凡なる大成の秘密を垣間見るのである。

畢竟、一個の人間として、どう我が人生の完成へ真摯に取り組むか、そこに一流の人物と他を分かつ分岐点があるかもしれない。』

池田大作「私の人間学

負けるな!一歩も退くな!戦うんだよ。戦って、戦って、本当の自分を勝ち取るんだ!

日本の幼稚さ


King Gnu - 飛行艇 (Streaming Live 2020) - YouTube

Kinggnuの配信ライブ観たかった。面白そうじゃないですか?これ、配信ライブの一曲をアップしてくれたんですが、みんな、向かい合い、煙が舞う中で歌う。凄い絵だなぁって思って。リーダー格の常田さん、作詞も作曲も映像も作り上げていく。東京芸術大学出身(?)で、顔は超一流のイケメン(私の今まで見たなかで一番ウォンビン、次、常田さんが心からしびれるイケメンだと思った)常田さん、センス抜群でクオリティーの高い歌をバンバン作り上げていく天才。歌詞も社会派の歌を書けたり、究極のラブソング書けたり、天才

知性、感性、美貌全てに恵まれた人。是非とも世界進出して欲しい。アルバムセールス50万枚を誰も越えられないだろうと思ったら、天才米津玄師さんが3倍の150万枚をセールス。あれだけ、優れた歌を歌い続けたら、みんな待ち遠しくて喜び勇んで購入したよなぁ…米津玄師さんは万人受け、かたやKinggnuは若い子大半だからなぁ…でも、Kinggnuの歌に駄曲無し。全てが名曲。なんとしても世界制覇を成し遂げて欲しいけど、日本の音楽に本物が少ない。どうしても謝りたいアーティストさんがいて、私、そのアーティストさんに失礼なこと書き込んじゃったの。いつも、上から目線、上から目線て嫌いだって書くから、ファンの子達が怯えて思うように書き込めない状況になってきたし、励ましの曲が一番だみたいな感じにもなってきていて、私は、彼の少し病んだ悲しみに惚れてたんです。それも否定された感じもしたし、おかしいんじゃないか?ってキツイ口調で書き込んで…今考えたら彼も愛情に餓え、いびつな形でしか表現できなかった。私はそれも理解してあげられず、批難してしまって。アルバムも全部捨てて、しばらく、大嫌いになって。本当は好い人だったのに、表現が下手なだけなのにキツく批判してしまって。私の悪い癖。カッとなると、その人の弱点を暴いて引っ掻き回すのが大の得意。言葉でズタズタに傷つける才能大いにあります。いつもは傷つけないようにしてるけど、カッとしたら、口論では負けないくらい頭が回った。創価では破邪顕正って言うし、そうやって育ってきたから、かっとなったら相手のことも思いやれず書き込んでしまって。一度謝りたいな。本当はいい人だから。そのアーティストがいつも言ってたの、本物のアーティストになりたいって。日本には本物が少ない感じがする。よく腹が立つのが

「愛してる~」

って、いい歳した女性アーティストが歌ってる時。生きるか死ぬかの恋愛をしてきた私には愛してるは究極の表現。それを鼻歌で歌うから、

「はっ?」

ってなる。甘えがあるんですよ。私は可愛いでしょ?可愛いでしょ?守って~♪っていう恋愛観を出されるとイライラするの私一人かな?死ぬほど愛した男性の為に命懸けで歌う歌がいい歳して、可愛いでしょうーとか歌われてもイライラしかしない。若い子ならわかりますよ。いい歳こいたおばさんが真実の愛も表現できず、実力派とか言われてると笑ってしまう。歌は技術的に上手いけど、感情がついてきてない。これじゃ、海外で評価されないよ。本物が如何に少ないか。私、日本で天才だなと思うのはKinggnuに椎名林檎さん、米津玄師さん、宇多田ヒカルさんかな。今は他に思い付かないけど、韓国に大きく水を開けられた日本のアーティスト、頑張って、世界制覇して欲しい。実力派としてね。

で、話は変わるけど、日本て幼稚な国じゃないですか?私も精神年齢低いから、あまり偉そうなこと言えないけど、人権問題、政治、歴史問題、芸術、文学に対する意識があまりに低いと思わざる終えない。男尊女卑にしても韓国は改められてきているのに、日本ではいまだに女性は政治に口出すのは下品だとか言うし、私から言えば、政治のこと語れないのは知性がないし、何のための女性参政権があるの?女性も政治に参加するためでしょ?女性が政治を監視したら悪いんですか?当たり前のことじゃないですか?家計は主婦が握って、やりくりしなきゃならない。子供の教育費、家のローン、食費、光熱費など、管理しなきゃならない。経済を司る政治に興味を持って当たり前のことじゃないですか?また、大阪なおみさんのこともたかがアスリートが人権問題に口を出すなと言う。大阪なおみさんはテニスプレーヤーの前に一人の人間ですよ?アメリカで黒人が不当に殺され、おかしいからみんなに問題を考えて欲しいと黒人の名前のマスクをしたら、ダメですか?タレントが政治に口出すなとか、一人の人間として何か考えて、主張することをでしゃばりだとか言う。考えは違って当たり前。そこで議論しあい、お互いの答えを探すべきじゃないでしょうか?日本の男性は子供で人格ができてないから、女性を一人の人格とみなすことができない。だから、一人の自立した女性を嫌煙し、若い、意見のない自分の色に染めることを望む。光源氏もそうでしたもんね。色んな女性と床を一つにし、最後、可愛い女性を自分の色に染め上げる。紫の上。子供なんですよ。自分と違う意見の女性を受け入れたり、議論し会うほどの勇気がない。いわゆる男尊女卑の同調圧力。男にモテたいなら、意見を言うな、肌を露出して、化粧して、ヤらせろ。女をバカにしてる。私はそんな糞みたいな男性に媚なんて売らない。私は古風な考えをしてます。女は男性を支えるものだと。男は矢なり、女は弓なり。だからこそ、女性は聡明でいなければならなきゃならないし、男性のいいなりのバカな女になりたくない。日本の政治家はバカな男性が如何に多いか。女性が国民の半分を占めてるのに、女性の意見、声を聞かず、男性の古い固い頭のなかで物事を決めようとするから、体制も政治の中身も変わりやしない。いつも改革を叫ぶけど、パフォーマンスだけ。自分の利益にきゅうきゅうとして、新しい意見や声を聞かない。新しい政治、発想ができるはずがない。男性は(まぁ、女性もだけど)おべっかに弱い。甘言が自分を一番滅ぼすにも関わらず、イエスマンしか置かない。苦言を言うものは排除しいつしか、独裁と恐怖政治を生む。独裁と恐怖政治が何を産み出します?隠蔽、改竄、事実隠しに、身内政治でバカな発想しかできない。人を思いやる、人の意見に耳を傾けると言うことができないから、日本の政治はいつまでも改革できない。私は野党派。どちらかと言うと、共産党、れいわ新党よりだけど、政権任せるまでの力があるとも思わない。あの民主党政権の酷さ。何も決まらず、自民党に邪魔され放題で、政治を混乱に陥らせ、国民からそっぽを向かれ、森、加計問題、桜をみる会など安部さんの私物化が目立ったにも関わらず、国民は民主党政権よりもマシだと支持率があまり落ちない。普通なら政権交代でもおかしくない問題ですよ。国民の、また、女性の政治に対する意識があまりにも低い。女性も政治に参加してどんどん意見を言わないから、男尊女卑の政治が変わらない。政治にしろ、歴史問題にしろ、今の自民党は固い価値観に囚われて、女性をバカにし、女性の社会進出をと叫ぶけど、実際は、パートで家計を助けろと言わんばかり。学生の奨学金、医療費の逼迫、人口減少問題、少子高齢化、膨らむ防衛費。家計は逼迫してるんですよ。ボンボンの頭で解決できる問題じゃない。日本は仕事のできる人は潰される。仕事のできる人より、上司に可愛がられる人。おべっかを使うイエスマンが生き残る。

この日本の同調圧力の中で世界に戦えると思いますか?

幼稚なんですよ。

全てが。偉大な仕事を成し遂げたいなら有能な人を集め、批判すら受け入れたり、苦言を聞かなきゃいけないのに、いつしか、甘言に酔い同じ古い頭で前に進まない。

私たち一人一人に世界を変える力があるんです。勇気を持って、自分の意見を堂々と戦わせましょうよ。それこそ、民主主義です。

いいんですか?映画「新聞記者」のラストのように「この国の民主主義は形だけでいいんだ」で。真実を報道する記者会見を見殺しにする呑気な国民でいいんですか?今、何もかも、韓国に負けている。韓国の芸能界は世界を制覇したり、アカデミー賞を取ったり、レベルが高く質のいい映画が多いのに、日本の国内向けの映画は観るに耐えない酷い幼稚な映画が多い。これだけ、高度な世界に誇る伝統芸術があるというのに、芸術を理解しないバカな利益優先のバカな作品しか作らないから、韓国映画に対抗できる映画が如何に少ないか。深みのないペラペラの映画と音楽に騙されて、国民自体が幼稚な国民性になっている。女性は自分の考え、意見を持って、どんどん社会に進出していくべきですよ。政治に口出す女は下品だと言うのは男尊女卑の古い考えに固まったバカな男性なんです。バカな男性に嫌われたっていいじゃないですか。賢い、女性を尊重してくれる男性に好かれたら。

同調圧力

これが日本をバカな国民性にしてる。と私は思いますよ。オーストラリア行った時、海外の人はみんな自分をしっかり持っていた。周囲を気にして自分を殺さず、自分を生かしましょうよ。私はオーストラリアではモテたけど、面白いって。日本人は退屈で面白くないけど、君は面白いねって。もう、グローバルな時代。世界に羽ばたくためにも、周囲で自分を殺して空気を読まずに、自分でありましょうよ。

汝自身でいよ。そうすれば世界は美しい。

狐と狸のばかしあい

狐と狸のばかし合い
20/08/30


これ、クリスタル・ウォーターズの「100%pure love」大好きなんです。もう、25年前の歌かな?MV観てて一聞き惚れ♪是非皆さん聴いて観てくださいな。今日はKinggnuのライブ。迷ったけどストレスで病気が酷くなってきているから、入院した方がいいって言われて、倹約して我慢。たった、3500円なのにね。それくらい出したって大したことないって言うかも知れないけど、入院はお金がかかる!少しでも倹約しないと。本当は観たかった!↑の「teen-ageer forever」面白いの。歌詞は真面目でもふざけた歌なんだけど、テレビ収録ではスーツで登場。気取った姿で歌って、最後はアララってオチなんだけど、爆笑した!始め、イヴ・モンタンか、フランク・シナトラの真似で気取って歌ってんのかなって思ったら、最後は大爆笑!ユーモアのセンス見せつけられました。まさか、こんなオチがあるとは…観たかった、ライブ観たかった。きっと、面白いんだろうな。サカナクションも最高に良かったって言うし、配信ライブも馬鹿にできたもんじゃない!観たかった。でも、入院。入院のために食費削ってたけど、200円奮発して、ほうれん草のバター炒めを作った!


おかずはこれだけだけど、久々に美味しい栄養満点の食事を取った気分。部屋も模様替えして

こっちにゴッホとボテッチェリを飾った。どうしても、前のところだとごちゃごちゃするし、部屋に合わしてカレンダーも買い換えなきゃいけない。ネット駆使して、安いカレンダーを見つけて、それに、スケジュール帳も必要。なかったらやっぱり不便。どうでもいいの使いたくないから、また、アマゾン駆使して、ご購入…で、入院。病院に香水ボトル持っていけないから、貯まったポイントで練り香水爆買い(笑)(二つだけね)私は香りがないとダメなの。常に香ってないと落ち着かない。大好きな香りはCHANELのクリスタル。



苔の香りがして落ち着く。甘い少女っぽい香りも大好きなんだけど、落ち着くのは大自然の香り。純粋で清らかな森林の香りがするの。この香水をつけて歩くとふと、大地を歩いている感覚に陥る。あんまり人気ないのかメルカリで2000円くらいで売ってる。古くて香りが変わってしまってきているけど、新しい香りを買うお金が無くて…お金があればね。

やっぱり、余裕ないから、時々お金って何だろう?って思ってしまう。お金があれば高い新鮮な香水を百貨店で買えるのに。本も好きなだけ買える。映画も好きなだけ観れる。映画はお気に入りの映画は何回も観ちゃうから、DVDが欲しい人。まっ、置き場がないから、結局は売っちゃうんだけど。サブスクリプションと違って桁が違う。3000円、4000円とする。そして、できるなら、映画館の大迫力を何回も味わいたい。トム・ハンクスの「プライベートライアン」観てて、涙が止まらなくて、これ、映画館で観たらどんな感動だったんだろうって!トム・ハンクスは素敵。目がハートになる。決してイケメンじゃないけど、あの演技力に人間的な良さ。善良さが漂っている。この人の演技力、映画館で観たらただ者じゃないぞ!是枝監督も何とあのソン・ガンホと映画を撮ると言うし、楽しみで仕方ない。深く、おもしろく、分かりやすい。真実も最高に良かった。あのカトリーヌ・ド・ヌーブの魅力!イーサン・ホークといい、ジュリエット・ビノッシェといい吸い込まれてしまう役者しか使わない。是枝監督の映画はそこにあるべき役者が存在して、内面からオーラーを放ってる。決して、演技をしてつくろってるような無理した役者は使わない。自然と内面から溢れる演技で人を魅了する役者を使ってる。あの洞察力の素晴らしさ。次に北野武監督の映画も観たい!映画出来たら絶対に観に行くけど、本当は本も読みたい。「首」って本。でも、読んじゃ、映画の面白さ半減だし、高い!1600円!私が出せるのは1000円まで。ほとんどポイントで買うから、1600円は出せない。「不良」とか「キャバレー」とか出してるけど、単行本なるまで手が出ない。

お金があればね。

でも、私は今の生活でも十分満足してる。トリートメントも使いたいし、出来たら、髪の毛がサラサラになるシャンプー、リンス、トリートメント使ってさ、綺麗な髪を見せびらかしたい(笑)(くせ毛でどうしようもない髪の毛だけど)私が髪の毛、素晴らしく綺麗な子だなと思うのが木村拓也さんの娘さんのcocomiさん。サラサラ。あんな髪になるためには10万円のトリートメント使わなきゃならないらしい。肌の手入れも必要。下着だって高いのつけなきゃいけない。可愛い服は?可愛い靴なんて10万円する。バックは?部屋のインテリアに、美味しい食事。栄養があって、美味しくってオーガニックの野菜使ってたら破綻するに決まってる。上を見ればキリがない。

私はやなんだ、そういう生活に憧れるの。上を見ればキリがない生活に憧れるのが馬鹿みたいに思える。時計もチプカジ(チープなCASIO)だし、服もUNIQLOだし、化粧品もちふれ。餃子食べたければ珉珉餃子買ってくる。実家に帰れば王将の餃子買ってくれる。

十分じゃない?

肌はきれいにしたいけど、そんな高いもの使わなくたって、買わなくたって楽しくやっていける。部屋もニトリばかり。量販店で買った商品ばかり。メルカリで買えば古くても安く手に入る。何が不満足なんだろう?

美しくないと男性を手に入れることが出来ない?

もう、男性に頼る時代じゃないでしょう?女性も資格取って晩婚で自立して生きている。時々、美貌に依って、豊満な肉体武器にして、男性に媚を売る女性を見て馬鹿なんじゃないかと思ってしまう。若さと美貌と肉体を武器にした狐が勝つのか、金持ちの腹黒い狸が勝つのか?女は美貌、男は財力が物を言う。
利用されてるのは狐?腹黒い狸?マリア・カラスの一生を思い出す。美貌の姉に比べられて不器量な妹のマリア・カラス。貧乏で戦時中はごみを漁っていたと言う。負けず嫌いの性格と天性の才能と美貌でオペラの頂点に上り詰めた彼女は富豪のオナシスに気に入られる。そこで過ごした、贅沢な日々が彼女の才能を枯らしたと言う。オナシスはマリア・カラスを手に入れたものの、結婚することはなく、ジャクリーン・ケネディを娶る。この世で最高の女性を手に入れたオナシスは、最後にジャッキーに騙された。金目当ての女と結婚したと言って、失意のうちに亡くなった。美貌、家柄、知性に非の打ち所がなかったらジャッキーの勝ちだったのか?だったら、富豪の旦那を手に入れたジャッキーは幸せだったのだろうか?ありあまるお金を手に入れて何がしたいんだろう?

高すぎる服も高すぎる化粧品も決して自分を幸せにしてくれない。虚栄だけはって、あとは、歳を重ねるだけ。何の志もない女が歳を重ねても卑しいだけ。ある女優さんがいるの。その人バーキンだとかルブタンだとか自慢するんだけど、見た目ただのおばさん。化粧品メーカの広告見て驚愕した。

「ただのおばさんじゃん」

って。普通なら化粧品メーカーに出てくるなら。女性の憧れ。美しくて、知性、凛々しさ、優しさ、感受性に溢れて、気品と魅力で写真に写ってる。でも、その広告に写ってるのはどこにでもいるおばさん。何十万とお金をかけてお手入れしているにも関わらず、ただのおばさん。バーキンやルブタンも豚に真珠。私は幼い頃学んだの。一流は偽物でさえ、本物に見せる魅力があるって。それらはお金じゃない、身から溢れる気品。魅力。内面がどこまで魅力的かどうか?何十万とかけて、お金をかけても美しさは手に入らない。美しさにお金は必要だけど、必要以上のお金なんていらないし、そこをうまくやりくりして、美しく見せるのが本物。ゾラの主人公「ナナ」のモデルにもなったコーラ・パール。美人で魅力的でまるでブリジット・バルドーのように男性を弄んだらしい。美貌に酔いしれ、歳を重ねた最後は誰からも見放され、貧困の中死んでいった。若さと美貌は何の意味を持つんだろう?それを失ったら、男性に捨てられ、惨めな人生を歩むだけなのに。また、金持ちの男性は美しい女性をもてあそぶけど、お金がなくなれば、女性から捨てられるのがオチ。必要なのはその男性じゃなく、その人のお金。金の切れ目が縁の切れ目。

狐と狸のばかし合い

どちらが勝つんだろう?

どちらが強いんだろう?

私は思う。どちらも馬鹿だと。私は教養と魅力と気品に溢れたおばあちゃんになりたい。お母さんみたいに文句言わず黙々と「これからやがね、これから勝つんやがね」と戦う力を沸き立たせるおばあちゃんであればいつか、幸せになれると信じてる。

いつか、黒柳徹子さんみたいに教養豊かな女性になって、誰からも面白いねと言われる聡明な女性になりたい。

本を山ほど読んで、教養と人格の人物になれば、幸せはついてくる。

お金じゃなく、教養と、困難に負けない勇気が自分を美しく見せてくれると信じて、貧乏な生活を楽しみます。

勇気さえ、失わなければ必ず勝てる。

お金は生活できるだけあればいいよ。

それに見合う自分になる努力したい。

教育とは?

教育とは?
20/08/21






部屋を模様替えして、額縁買ってポストカード入れたら見違えるようになったでしょう?でも、やり過ぎかな?前の方が良かったかな?モダンな感じにしたいのに、額縁が古典的だから、部屋の中にアンディ・ウォーホル飾ってる、バスキア飾ってる、で、ダヴィンチにゴッホクリムト、ボテッチェリじゃまとまりないなぁ…やりすぎかなぁ
何か満足できたようなできないような。

給付金が入ったから今までボロボロだったゴミ箱をニトリで買い換えたり、部屋中整頓して、整理できるボックス揃えたり…部屋の中整頓できました。給付金でスライサー買ったり、とにかく、ボロボロになって使い物にならないようなものを買い換えてるのが多いの。もう、それも限度だけど(涙)経済活性化のために役に立っていると思うよ。とにかく、経済を回さなきゃ。で、腕時計壊れた…もう、さすがに買うお金ないから、チプカジを選ぶしかない!中途半端に安い時計って飽きちゃうでしょ?今までは自炊で頑張って食費削って時計に奮発していたけど、それも限界。

この時計、繁華街で働いているときに1万円で買ってお気に入りだったけど、さすがに10年も経つと寿命かな。母の若き頃につけていた時計と似てたから奮発して買ったけど、今はもうどこにも売ってない。まぁ、服選んじゃうからつけれないんだけど、アンティークな時計を好む私には腕時計は高い!買えない。たまに、50万円とかある。馬鹿馬鹿しい。チプカジでいいや。なんか最近本当に物欲が無くなってきたんですよ。買うのは必要なものばかり。本と音楽と芸術に囲まれて生きていけたら本望。クリエイティブな仕事がしたいけど、私の中途半端な幼稚な文章じゃ、無理。教育を受けたかったな。キチンとした教育を。私は勉強できない子供で集中力が散漫して、ほぼ勉強しなかった。数学の点数確か、8点、4点だっと思う(笑)神童と呼ばれた父が

「何で俺の子は出来が良くないかな?」

と呟いていたことを覚えてる。一番出来が良かったのは長女。保険会社の事務員として結構な立場にいたと思う。家に帰ってきても仕事をしていた。けど、他の3人は、芸術肌(笑)兄はインテリアデザイナーになると東京に行ったけど、3ヶ月程度で戻ってきて百貨店。何せ顔が良かったから、一発合格だったと思う。で、センスも抜群。兄の家に行くと鏡張りで小さなコンポと大きなテレビが置いてあって、さすがインテリアデザイナー目指しただけある兄のセンス。身だしなみもかっこいいし、センス抜群。スタイル抜群で高校の頃に女子にモテたらしい。社会人になっても6人用のテーブルにチョコレートが溢れかえるくらい。それを冷めた目で

「お返しに困る」
とのこと。兄が自慢だった。イケメンだし、センスいいし、スタイルいいし。

次女は学校でも注目の人気者。言えるのはそれだけ。でも、センスは抜群でコンテストで優勝した作品を当てるのが上手い。自他共に認めるセンスの良さ。

美芸大学にでも通わせていたなら成功したかもしれないのにって思う。


で、私は不健全な家庭に育って引きこもりまっしぐら。勉強もできない、センスもない、ブスでおまけにニキビだらけ。誰にも相手にされないような下らない人間。チビで何の取り柄もないくずみたいな人間。高校生の頃に「人間失格」を読んでこれ私だ!って思った。使い物にならない人間。障害たくさん抱えてさ、勉強についていけなくて、うつ病にかかって、家族の重荷。自分を隠して、演じて、何が自分か分からないから混乱して分裂しそうだった。その心境はドストエフスキーの「地下室からの手記」に描いてあるからどうぞ、ご購読を。下らない人間である自分。「死」しかなかった。「死」との戦いだった。誰にも認めてもらえず、何の取り柄もない私は読書にだけは頑張った。トルストイドストエフスキーカミュ、デュマ、パールパック、ダンテ、シューロット・ブロンテ、エミリー・ブロンテ、ショーロホフ、スタンダールトーマス・マン、とにかく読めるものは貪るように読んだ。で、とにかく、体が弱い私は学校も行ってないから、学歴がないし、体が弱い私は近くのスーパーのバイトが精一杯。何とか安い滋養強壮剤飲んでやっていたけど、父の死をきっかけにうつが酷くなって、普通に働けない状態に。自宅に隠って過ごす日々。今は在宅ワークで何とか暮らしているけど、教育を受けたかったな。健全な体と精神で健やかに育ちたかったな。

でも、学歴を誇って人の気持ちを踏みにじり、一部の人は犯罪に走る。

人間としてどうなんだろう?

教育は勉強を押し付け、人間性を歪めるためのものでいいの?

教育は人間として生きる哲学と強さを持たせるべきの問題ではなかろうか?


勉強を詰め込んで、将来は医者にさせるなんて言うけど人の気持ちが分かる医者がいかに少ないか。医者は慈悲の心で人の苦しみを無くし、癒す存在だよ。それが学歴誇って金儲けの商売に成り下がっている。

私は人として生きるのは人の気持ちが分かり、どんなことがあっても強く生きて行けることだと思うの。世の中のおかしい矛盾に目をつぶり、媚を売り、金儲けしようとしてる姿を見ておかしい、何かがおかしいと思う。

人間て助け合う生き物じゃなかった?一人で生きていけない生き物で連鎖し合う生き物。誰かの善のために生きていけたら、それが本望だと思う。私もまだまだ。未熟で欠点ばかり。でも、人間は欠点を長所に変えていくことができるんだ。諦めないで、粘り強く、自分革命を起こして、いつか、どんな環境でも生き抜いて、私は勝った!と言える人生を送りたい。勉強だけが教育じゃない。義務教育は当たり前。私も夢は夜学の大学に行くこと。当たり前の教育をうけたい。それがだめなら、英会話を学んで海外の人とコミュニケーションをとるのが夢。でも、イチローみたいに、野球で世界一になったり、音楽の世界、芸術の世界で一流になれば学歴は関係ない。

その人の個性を生かす教育を、試練に負けない教育を受けさせるべきだと思う。

私はまだまだ。でも、池田先生の言うとおり、難しい本100冊読んで、人の心、魂を探索し、追及した教育は私の最大の喜びです。大作家にでもなれたら、何にも言うことないけどまぁ、才能がないから、細々とブログを続けているけど、もしかしたら、このブログも人の役に立っているのなら、生きていて良かったと思える。今までの苦しみ、悲しみが人々のヒントになれたら、私は人間の連鎖の一員として役に立っている。


あとは環境に打ち勝つ勇気と強さをこれからも持ち、必ず打開するんだって、思って生きている。私の人生は遠回りだけど、でも、それで良かったし、私は誇れる。

私たちは天地を動かしたあの昔の力ではないにしろ、私たちはあるがままの私たちであるのだ。
英雄の心はみな同じ一つの気質なのだ
時と運により弱くなったとはいえ、意思においては強固なのだ。
努力し、求め、探し求め、屈服しようとはせぬその意思において

オデッセウスルフレッド・テニンソン

ダンテ

諦めちゃいけない

人生は最後の最後で決まる。

諦めない教育を個性を伸ばす教育をさせるべきだ。

平和への道

平和への道
20/08/16
平和への道がスゴく険しく感じるんです。このブログも公開する前に削除されるから、一行書くごとに下書き保存しているんです。誤字脱字も多いでしょう?相手は私のパスワード知ってるし、上手く入り込んで誤字脱字にしていく。

平和。

私の父が特攻隊でした。父の自慢は村一番の神童と呼ばれ、生徒会長を勤め模範的な生徒だったこと。優しくて争い事を好まない、頭のいい父でした。話がとにかく分かりやすい。教学でも名教授と呼ばれて、みんなに慕われていたほど。分かりやすく、噛み砕いて話すのが面白くて本が好きで何かあれば、本を買ってきた。そんな父は特攻隊に行かされ人生をめちゃくちゃにされました。

戦争が終われば、「何故生きて帰ってきたか!」と罵られ、「特攻崩れ!」と罵られ、街にいる場所がなかったと言います。戦争が終わってから新聞配達で食いぶちをつなぎ、ギャンブルに明け暮れていたと言う。父には人生の残酷さに耐えきれなかったと思うんです。父は弱い体に鞭打って働いてくれた。毎日毎日細すぎる体に安い滋養強壮剤を飲んで私たち家族のために一生懸命働いてくれた。貧乏だったけど、その貧乏さが物のありがたみを教えてくれる。私が小学生の頃、素晴らしい先生に出会った。I先生と言うんだけど、戦争のことを教えてくれた。教室の片隅に戦争文庫を作り、友達の少ない私はその戦争文庫を片っ端から読んでいた。裸足のゲンやら、難しそうな古い本。私はその時一番衝撃的だったのは、中国の子供に油を掛けて、火をつけ、泣き叫ぶ様を酒の魚にしたこと。子供に火をつける…人間だというのに、チャンコロと言い、マルタと呼んで平気で人体実験をしたり、中国人母子を井戸に投げ込んで、手榴弾を放り込んだり、100人斬りと言って、中国人を手当たり次第に殺したこと。あるイベントで中国人の生首を持って誇り高く写真に写っている日本人の写真を見て本当に吐き気がして、食べようとした、お汁粉を捨てた。お汁粉がその生首の血のように感じたから。韓国にも侵略して、創始改名だとか日本語押し付けたり、韓国人を虐殺したり、人権を奪ったり、重労働を課したり、韓国人の誇りと人権を踏みにじった。

日本人は?インパール作戦だとかいってむちゃくちゃな戦略を打ち立て、日本人兵士は自殺、虐殺、餓死。

それが時が経てば聖戦だと、平和のための戦いだと英霊を奉れと言う。

安部さん、アジア諸国に戦争の謝罪しませんでしたね。

積極的平和主義。

日本の安保法制、盗聴法(盗聴しても漏らさなければ罪に問えない。公明党も支持)治安維持法改憲、秘密保護法。

戦争に都合のいい法案ばかり。

コロナで日本中大変な時に安部さん夏休みで、まともに働かず、言うのは憲法改正。(どこの国民が憲法改正を望んで声をあげているんだ?幻聴聞こえるみたいですね。いっそのこと、総理辞めて、長期休暇取った方がいいのでは?)

みなさんにとって、平和ってなんですか?私は芸術に触れ、文化に触れ、家族と仲良く時間を過ごすこと。勉強すること、本を読むこと。
この青空の下自由に発言でき、自由に表現できること。人間が鍛練を積み、表現に変えた時に感動しませんか?今、生活は苦しいけど、芸術を堪能てきる。本も読める。こうして、ネットで自由に表現でき、発信できる。

人間は一人で生きていけない。人は支えあい連鎖する生き物だもの。人の役に立つ生き方をしたいと思うのは偽善ですか?嘘臭いよね?人のためだって。自分のことで精一杯なのに、何が人のためなんだろう。私もうさんくさく感じるんです。でもね、自分が必死で生きてきて、得た知識、表現、経験、勇気で人の役に立つなら生きている意味を持たないでしょうか?戦争を体験した政治家たちは必死で戦争を食い止めようと頑張った人が多かったのに、今の政治家は徴兵制を叫んだり、憲法改正を訴える。第九条は世界の理想。戦争をしない国が一つでも多くなってほしいと思うのに、日本はこの理想的な憲法を改正しようとする。

日本に原爆すら、落ちたというのに、日本は戦争の恐ろしさを知ろうとしない。私は原爆の恐ろしさが分からないんです。どう捉えて良いのか分からないのが本音です。悪魔の兵器、原子爆弾。でも、原子爆弾で死んだ命は尊く、中国、韓国、日本、他、アジア諸国で虐殺され、自殺した命はどうでもいいですか?もし、アメリカが原爆を落とさなかったら日本は反省したのだろうか?アメリカだけが悪者?私には分からない。アメリカ人が侵入してきた時、アメリカ人は紳士だった。日本人は焼きまくり、殺しまくり、奪い取りまくったにも関わらず。私はアメリカを憎めない。でも、原子爆弾を許せない。そして、戦争が許せない。

戦争を美化する人間が許せない。

戦争を聖戦にする政治家が許せない。

中国が脅威だという。だから、中国と戦争していいの?同じ歴史を繰り返し、悲劇を繰り返すの?

人間て汚くてさ、戦争賛成で人々を痛め付けた人間が戦争が終われば、戦争反対でしたって言う卑劣漢もいる。戦争がどれだけの悲劇を生むか理解できますか?いまでさえ、悲劇は世界中に渦巻いているのに、呑気に鼻歌歌って、政治に関与せず、アホの一つ覚えみたいに、政府を信用して、自分達がいかに危ない世界に暮らしているか気がつかないで生きているのが分かりませんか?日本ですら言論の自由が危ないんですよ。集会さえ開けないんですよ?盗聴されても罪じゃないんですよ。

狂ってる。

みんな気づいて。今の日本は狂ってる。愛国心叩いて、他国の脅威に怯えないで。武力以外に必ず道があるはず。

面子が大切な政治家は簡単に戦争しようとする。人の命なんて何とも思ってやいやしない、使い捨ての自衛隊、足りないなら、徴兵制。

自民党は国民のための政治はおかしいって言うんです。平和や人権で甘やかされていると。

許しちゃいけない。

私たちは平和を守らないといけない。

人は繋がり合うもの。分断させちゃいけない。おかしなことにNoと言える勇気を。安部さんとお米党は間違えている。中国人も韓国人もアジアンもみんな同じ人間で生活でいっぱいいっぱいの庶民なんだ。庶民同士、文化芸術で繋がって、理解を深めましょう。私たち国民は戦争なんかしたくないんだ!

今の自公にNoを。

偽善の党に騙されないで。戦争反対なら何故改憲する?矛盾ばかりの組織で盲目にならないで。目を覚まして。私たちは平和を望んでいるからこそ、核兵器反対の批准を望んでいるんだ。

戦争の悲劇を二度と繰り返したくない。

私の祈りは文化芸術で世界中の人々が繋がること。

人は連鎖する生き物なんだから。