voldenuit12’s diary

平和、社会情勢、趣味、アート、音楽、映画、読書のことなどつらつら書いていきたいな

どう上手く歳を取るか?

どう、上手く歳をとるか?ずっと考えていました。私にはもう子供は出来ない。もし出来てもダウン症の確率も高いはず。ダウン症の子供たちは何かしら使命を帯びているはず。でも、もし、自分の子供がダウン症であればきちんと責任をとってあげることができるのか?きちんと育ててあげることができるのか?私には自信がないんです。自分の子供が産めないと感じてから、子供が可愛くないんです。あれだけ好きだったのに。あれだけ可愛かったのに。でも、もう、過ぎたこと。自分の人生を歩まなければ。



ティナ・ターナーの「Whats love to got do with its」

ティナの映画を再び観たんです。

母親のいない幼少期から、スターになって、旦那の家庭内暴力に悩まされ、最後、旦那の暴力に打ち勝つ映画。

「やろうと思えばいくつになってもやれるのよ」
「蓮は泥の深い場所から美しい花を咲かせる」

スターのティナだからこそ、説得力があった。私の家庭も暴力があった。父からの暴力は中学まで続いた。私も殴られそうになった時、掃除機のホースで立ち向かった。それからは暴力は止んだけど、幼い頃から、幸せと思うことが少なかった。私は、人とはちがう。友達と話すとき

「今日は暑いね」

の言葉に、そんな話題面白いか?と言うのが私の思いだった。政治だの経済だの美だのと他にも話題があるだろ?って思ってた。始めは世間話なんてどうでも良かった。最近かな私は、確実に人とは違うかもって、思うようになったのは。知り合いで同じ年の女性がいて、

「もう、おばさんになっていいわ」って発言した人がいた。

えっ?おばさんになっていいの?いつまででもきれいな女性でいたくないの?

私には考えられない。高い服は全く買えないから、ほとんどの衣類はUNIQLO。部屋で着るフリース、お気に入りのジーンズ、セーター、ボアのセーター、靴、下着、肌着、全部UNIQLO…高いのを買える余裕ないんですよ。最近も新しいコートを買おうとUNIQLO行ったら、セーターが2000円。靴が1280円。そして、今流行りのボアのセーターが1280円!これは安すぎる。買わない理由はない!で衝動買い。結局、コートを買う予算でセーターを買ってしまった。可愛いとか辞めたの。自分を偽るのを辞めたの。もう、男性はうんざり。自分勝手で平気で浮気を公言してきたり、自分色に染めようとしたり。私は、お姉さんがいるので女らしい格好も好きですよ。マニキュアは嫌いだけど(私が塗るとはみ出る)香水は大好き。アンジーの香水がGUERLAINから発売!モンゲラン!

百貨店に行ってムエットをもらってきたら、いい香り。でも、ネットでも7000円するの。





買えるわけない。

で、メルカリで香水を探していたら、以前大好きだったCHANELの香水、クリスタルがなんと2000円!なんてお買い得!未使用だけど、何年前に買ったか忘れ去られていたけど、別にいい。あの香りが大好きなの。つんとして、爽やかな香り。正直、衝動買いして、もう、小遣いなんて残ってない!

カードで買おうか…

もう、自分らしく、イチイチ男性の目を気にせずにありのままで自分を表現したい。私は、セーターにジーンズはいて、仄かに香ってくれたら、それでいい。

自分でいたいんです。

本当は石鹸の香りも好き。最近はずっと子供用の香水、「プチサンボン」をつけていたけど、あんまり香らないの。すぐに飛んでしまう。香水がガンガン匂うと清潔感なくすから注意しなきゃいけないけど、最近はファッションに自己表現と言うのが出てきた。大したことはないレベルだけど、それなりの格好はしたい。もう、誰の目も気にせずに自分らしさを表現してもいいよね?男にうんざりした私は、人間としての自分らしさを表現したかった。だから、カードで買った笑(金遣い荒いなぁ。誰にも束縛されない自分らしさを見つけるとき、私は、絶対にお金をはたきます)来年のバーゲンは何も買えないどころか、クリスマスのケーキも買えない懐事情。あと数千円でこの一週間やりくりしなきゃいけないし、来月の小遣いも何も買えない。それでも、自分を表現したかった。私は別にモテたいなんて思わない。モテたいから美しくなりたいなんて一切思わないんですよ。男性がモテたいために自分の世界を構築するか?っていう話。イチローさんや羽生君がモテたいがために自分の道を極めたか?って話。もう、あれは自分の世界を追及するためでしょう?私も同じでどこまで自分の世界を追及できるか?って話なんですよ。昔からそうだった。




美しい人を見て憧れる。とくに萬田久子さん!最近はテレビの宣伝で見つけたんですが媚がなくてカッコいいんですよ!あっこれこれ、私の求めてるカッコ良さは!って慌てて写真を探しました。今まで私は散々だった。でもね、諦めてないし、一人でいる時間を自分のために使おうって、思ったんです。ティナのように鍛えた体にするために、

モムチャン体操と






野菜をふんだんに使った腸が良くなる食事。(高い化粧品は使えないから、栄養のある野菜をたくさんとって腸内を良くして、インナービューティーを目指したらきれいなお肌になるはず)





運気を良くする綺麗な部屋に、大好きな音楽や映画を観て、大好きな香水の香りを嗅いで充実させて、やっぱり、綺麗なアラフィフになりたい。

どのように歳をとるのか?

「真の美しさは永続する。しかし、綺麗というのは移ろいやすい。真の秘密は肉体の美しさを精神的な美しさに変えて行くこと。女たちが失うのは美しさを学ぼうとして自然の美しさを失ってしまうことなのだ。女の体を美しくする方法について話すことがあっても精神上の美しさについては全く忘れてしまう。美容とはまず心の美しさから始めなければ化粧品なんてなんの役にもたちやしないのだ。ちゃんとした精神の在り方、魅力的な押し出しの良さ、趣味、直感、人生への在り方、内在的感覚。こういうものはみな自分の体験によって学ぶものなのだ。」

獅子座の女 シャネル

1日1日をどう悔いなく生きていけるか?有り余った時間で英会話学んだり、読書したり、映画を観たり、音楽を聴いたりして、充実した時間を過ごして、心を豊かにしていくの。体にいい食べ物を食べたりやほどよい運動をして筋肉つけて、素晴らしい60歳を目指したい。

嫌なことが重なって下を向きたくなるけど、希望を忘れないで、前を見て、自分に今できることを一つ一つやってみて、前に進んで行きましょうよ。



歳をとったからってもう、ダメだなんて思わないで欲しい。人間はいつからだって、チャレンジできるんだし、今と言う時間を有効に使って、自分を高めていきたい。私もまだまだリハビリ中。でも、この最低の境涯から這い上がってやるって思ってます。

弱い自分に負けないで諦めないで最後、最高の勝利を掴んでみせましょうよ!

私たちは泣くために生まれてきたんじゃない。幸せになるために生まれてきたんだから!