voldenuit12’s diary

平和、社会情勢、趣味、アート、音楽、映画、読書のことなどつらつら書いていきたいな

因果応報

因果応報
20/04/28
コロナでみなさん精神的にやられていませんか?部屋にいっぱなしで、精神的にやられません?これから未来のこと考えたら不安になるし、イライラするし、身近な人にDVだって振るいかねない状況。力のない女性や子供は被害者になるしかない。行き場のない怒りに傷つけ合う家族。私は独り暮らしだけど、色々と話を聞くので他人事には思えません。どうすればいいのか。

みなさん、今は「読書」しましょうよ!この有り余った時間の中で何ができるのか?






今はトーマス・マンの「魔の山」を読んでいます。難しいというか、簡単には読めない本。もう、20年前に読んだ本だけど、もう一度チャレンジしたくて、読んでます。で、他にも読みたい。Amazonをつらつらと眺めていたら、Kindle平野啓一郎さんの「「カッコいい」とは何か?」とか、メアリースチュアートの本、「82年生まれ、キムジヨン」とか爆買い(笑)もう、来月の小遣いないわ(笑)本当は、本を手に取って読みたいし、読んだ本は全て残したい。手元に残して、読んだあとでも、読んだ証拠として残して置きたかった。もしね、子供が生まれたら音楽と本と絵画に囲まれた環境で育てたかったんです。素敵だと思いません?感受性、思考力、洞察力に優れた子供なら上手に生きていける。私は不器用でぶつかってばかり。あっちもこっちも全身ぶつかって満身創痍の状態。不器用なんだ。でも、私はその不器用さが好きなんですけどね。上手く、要領良く泳ぎわたる人間は味が無いと言うか、信用出来ないと言うか。最後生き残るのは頭のいいウサギだって人もいるけど、私は不器用ながら、一歩づつ前に進み行くのろまで鈍遇な亀が最後は信頼で勝ち残ると信じたい。でも、ただ、真面目なだけではずる賢いウサギに利用されて破滅させられる。それをうまく交わし、自分の道を貫き通す亀こそが真実の人生の勝利者になると思いたい。派手なパフォーマンス(私みたいなね)するやつは一番信用ならない。地道に地道に自分の道を貫き通して、人間はできるとおもうんですよ。鍛え上げられたその信念が人を動かし、自分の人生をも動かしていく。人間てなんだろうって思うことしばしば。私は精神的に病を抱えて、苦しんで、お薬のんで紛らわして生きる自分の人生の意味が分からなかった。みんなさ、ふつうに人生を楽しんでいるの。友達やら仕事やら、ショッピングにいそしんで人生を謳歌していた。その反対に私はお薬飲んで震える手を押さえて部屋で読書やら映画で過ごしていた。虚しかった。自分だけは幸せから見放された、神から見放された人間で幸せにすらなれる権利がない人間のくず。社会のゴミ。

何で生きてるんだろう?

何回も何回も問いただした。

いつしか、苦しみのトンネルを越えて、自分は大した苦しみをしてないのが分かった。苦しいんだけど、しょっちゅう弱音吐いて愚痴るんだけど、でも、発展途上国の少女たちに比べたら大した苦しみじゃなかった。遊びたいときに遊べず、両親に売春宿に売られて心身ともに暴力を受けて亡くなった子供たち。よしんば生きていても男たちの奴隷にされて、顔におしっこかけられらたり、弱った体を500円で売ったりして、暮らさなきゃいけない。売春宿になって売られた悲劇は死ぬまで祟る。ネットを見ていてある広告を見たんです。たった一万円が少女の体のお金で、たった一万円で売られて死んだって。その人はその少女と同じことが他の少女に起こらないように慈善事業を始めた。少女たちを確保して、学校に通わせ、自立させたと言う。

なんて尊い生き方なんだろう?

そういうことが本当に少女たちを助けるんじゃないだろうか?

私もそういうこ生き方をしたいと痛切に思った。困っている少女たちのために。幼い体を売春宿に売られて、勉強すらできずに暴力を受けて死んでいく。発展途上国ではそれが当たり前のこととなっている。

「83年生まれ、キムジヨン」

でも、女性として生まれてきたがために、苦しんで虐げられて生きていかなきゃならない。その苦しみの末、精神的に病んで、安定剤を飲んで生きなきゃならない。女性として生まれてきたがためにこんな苦しみをうけなきゃならない。でも、女性として、生まれてきて綺麗にしたり、綺麗なものに囲まれて生きる幸せは最高。絶世の美女にならなくてもいいの。デパコスじゃなくてもいいの。安いプチプラコスメの商品で化粧して、少しでも綺麗になったら、幸せになれる。綺麗な服を着て、綺麗なショップに行ってお洒落する幸せはどんなもんだろう?

でもね、その幸せはきりがない。次から次へと高いものへの欲求がでてくる。次から次へと欲しいものが溢れてくる。部屋におきどころのないほど香水を持っていても、次から次へと高い香水が欲しくなる。女性は欲求不満だという。次から次へと欲しいものが出てきて幸せになれやしない。

その幸せは本物?

あとからあとから欲しいものが出てきて追いかけるのが幸せ?

私は自分が人の役に立った時幸せだと思う。私にはこれといった才能がない。あるとしたら、文才と考える力くらい。でも、それが人の役にたてる時が来たら幸せにちがいない。でも、それが行動を伴わない見せ掛けだけの力だとしたら、私の役割なんてもろくも崩れる。私は人の役にたちたいの。女性として生まれてきて、女性として誇りを持ちたい。女性はバカにされる。

女ごときができるか!

女子供に分かってたまるか!

そういうあざけりはどこにでもある。

でもね、女性にしか分からないことだってあるんだ。日本の政治家は女性が少ない。女性の声がいかされてない。女性には戦争よりも、子供たちの未来が大切。戦争のない未来で文化芸術で世界がひとつにならないか願ってる。同じ人間だもの。理解出来ないことがあるんだろうか?それをお花畑と人は言うけど、戦争の悲惨さみんな分かってる?愛する人、愛する子供の命が奪われるんだ。それを避けるにはお互い人間であるしかない。文化芸術で人の心を解す力を知っている人しかいない。それは女性なんだ。男性は分裂と戦いを好む。だけど、女性は愛する子供の未来と愛する人たちの未来を思うんだ。その気持ちをお花畑と呼んで欲しくない。女性の必死の願いなんだ。その女性の心を思いを政治に社会に反映させたいと思うのはバカなのだろうか?

私は結婚する相手いないけど、もし、いたら基本亭主関白でいて欲しい(笑)もし、私が家庭を持ったら頼りないから。男性には世の中を導く力も才能もあると思う。でも、男性だけの力じゃ、戦争まっしぐら。闘争心半端ない。男は勝つか負けるかでいつもやりあっている。男は絶対に謝らない(笑)たまにお前が悪いだろう!って、思っても指摘すればするほど謝らないのが男性。世界を整えると言うよりは、闘争心で世界一になるのが夢の男性たち。争いが起こるのは目に見えている。女性は世界一なんていらないんだ。子供の未来、旦那の未来、愛する家族の未来が大切で争いを避けたいんだ。

女性でも時々いる。自分さえ良ければ、周囲を蹴落として一番になろうとする人。幼い頃のなりたい夢は女子は「お嫁さん」だの「歌手」だの「女優」。みんなが憧れる美しい、羨まれる存在になりたい。でもね、その幸せの先には空しさしかないと思うんです。どれだけ、自分が美人でも、どれだけお金持ちであろうとその幸せの先には終わりがない。

本当の幸せとは人の笑顔を作ることじゃないかな。

私には美貌も服のセンスもない。際立った才能なんてない。だけど、恵まれない少女たちを幸せにしたい気持ちはある。

それが幸せじゃないかな?

人の役にたつこと。

人の役にたてること。

奉仕じゃなくて、自分の存在が人の役に立てるまでになったら、本当の幸せだと思う。

自分が自分の使命を果たして、いかに人のやくに立てるか?音楽でもいい、フアッションでもいい、クリエイティブな中で自分が作り出したものを喜んでもらえること、本当の幸せじゃないかな?

よく、人を見下して悦に入って喜んでいる人いるけど、正直、浅ましい。人を見下して悦に入ること自体、浅ましくないかな?因果応報。自分のやったことは全て自分に返る。今、あなたがやっていること、全て未来にでてくる。

日蓮もまた、かくせめらるるも先業なきあらず不軽品に曰く、「其罪ひっち」云々、不軽菩薩の無量の謗法の者に罵詈打擲せられしも先業の所感なるべし」
日蓮大聖人

この日蓮大聖人ですら、過去世の罪で人から罵詈雑言を浴びせられたと言う。今、皆さん、未来に幸せになる自信はありますか?今やっていることが自分に返ってくる。

因果応報。

あなたは幸せになりたいですか?

幸せとはなんですか?

幸せになれる福運を積んでいますか?